Spectetor 「パソコンとヒッピー」2021 vol.48

『スペクテイター』は、1999年に創刊した年3回刊の雑誌です。
ひとつのジャンルにとらわれず、地球上のあらゆる場所へ足を運び、気になる人と言葉を交わし、体験できることはやってみる。そうして手に入れた真実を、飾らない言葉で自由に表現できる存在であり続けたいという想いが、"見物人""目撃者"という誌名には込められています。

-----------------------------------------

今号の特集は、「パソコンとヒッピー」。

●コンピュータとヒッピーを結びつけた『ホール・アース・カタログ』/LSDとコンピュータは同じツール/
コンピュータはソ連とアメリカの冷戦から誕生した/ハッカーは遅れてきたビート族/
人民のためのコンピュータという思想が生まれた/ハッカーはハイテク時代のトリックスター/
共生的にしなくてはならない人間とパソコンの関係
●コンピュータのABC
●インタビュー/能勢伊勢雄「ヒッピーとジッピー」・高野麻子「“指”と“コンピュータ”の知られざる関係」 etc
販売価格 1,100円(税込)
購入数