文鳥文庫 第二弾「ふたり」

1作品10分ほどで読めてしまう、短編名作文学を集めた「文鳥文庫」。
まさしく文鳥のように小さく可愛らしい冊子が8作品、箱に入ったセットの第二弾です。

忙しくても、1杯のコーヒーのお供に1作品。
電車の移動中に1作品。
手帳やポケットに忍ばせておけば、気軽に日本文学に触れることができます。

封筒にもぴったり入るので、お気に入りの作品を手紙と一緒に贈るのも○


文鳥文庫 第二弾 「ふたり」
009 「刺青」谷崎潤一郎
010 「雪もち」幸田文
011 「四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」村上春樹
012 「雨のなかの噴水」三島由紀夫
013 「初恋」尾崎翠
014 「メリイクリスマス」太宰治
015 「賢者の贈り物」オー・ヘンリー 柴田元幸=訳
016 「バッタと鈴虫」川端康成

<改訂情報>
011 「四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」村上春樹
015 「賢者の贈り物」オー・ヘンリー 柴田元幸=訳
の2作品は、今回の文鳥文庫収録にあたり、改訂。
販売価格 1,320円(税込)
購入数